ガーデニングショット 2024年2月23日 ミモザ風景

ミモザの花咲く頃。 

季節が巡り、やがて訪れる春。 花に寄せて様々な想いが巡ります。 

 

満開のミモザ

 

庭には2本のミモザが植えられていましたが、1本は昨年に倒木し、その根元から新たな芽吹きはありませんでした。 玄関のわきに植えられたこのプルプレアも虫に新芽や花芽をやられたりで今季の開花が危ぶまれましたが・・・ 咲きました。

 

 

春庭はもう少し先ですが、そこかしこに芽吹きを見ることができます。 例年、草花の芽吹きや新葉、そして膨らんでゆく花芽を楽しみに、できるだけ記録撮影を試みていますが・・・ 今年は マクロレンズ を入手しての撮影、今までになくちょっと楽しい作業となりました。

普段は野鳥などを超望遠で撮影していますが、マクロレンズもある意味で 超望遠 であることを実感。 小さな宇宙を覗き込む超望遠レンズ。 

ただマクロ撮影というのはピントがシビアで、室内で物撮りするなら三脚も効きますが、風に揺られる花芽などはそう簡単に捉えることができません。 MF撮影はもちろんの事、AF・半押しで合照してもレリーズまでのごく僅かな時間でピントがずれます。

花ひとつ撮影するにしても、花弁に合わせるのかオシベなのか、はたまたメシベに合わせるのかで上りがまったく違ってきます。

例によって ”数打ちゃ当たる” 的なコトをやっちゃうわけですが、いい加減そをいうのから意識だけでも卒業したい・・・ 気がします。

 

クレマチス・マクロペタラの新芽

球根からチューリップ

コボレ種から庭に芽吹いたポピーを鉢へ移して

ミントっぽいけど、何だっけ? 再生鉢に芽吹き。

オレガノかな、名称忘れました。 こちらも冬越えからの芽吹き。

山道で見つけたスミレの一種、うまく着生しています。

 

その他、庭の花たち。 クリスマスローズは少しずつ大きな株に育ってゆくのがとても楽しみな植物です。 ぼぉーっとしてると花でなくタネだらけに。

いつも朝方の庭で手に触れて香りを楽しむローズマリー。 地植えの株は少し強く剪定したために花付きが少し寂しいようですが、立性の鉢植えがキレイな花を咲かせています。

ワイルドストロベリーはもともとの鉢植から花壇の際に植え込んで3年目。 株が大きくなって、けっこう頻繁に花も付いているようなのですが、花も、そして真っ赤な実も広い葉の陰に隠れて気付かないことが多々あります。

花壇に植えこんだアネモネはもうしばらくすると 花だらけ になると思いますが、連日の春の陽気に誘われて、まず咲き切った一輪。

グレビレアは地植えせずに大きなプランター植えですが、それまでの成長ラインから頭を抜け出させるように伸びて、その先端に花芽が見られます。 開花は三度目かと思いますが、咲いてみて初めて感じたのは 「なんて地味な花・・・」 でした。 株として開花の厚みがまだ足りないのかもしれません。 今季はどうでしょうか。

 

クリスマスローズ

ローズマリー

ネモフィラ

ワイルドストロベリー

ティアレラは初開花

一輪だけ先に咲いたアネモネ、初もの。

グレビレア 蕾が大きくなってきました。

ミツバチのスミレ

先週末の頃か、2月中にと思っていた落葉樹たち、イギリスナラ や ヨーロッパブドウ の剪定を、半ばやけくそ気味ではありますが何とか済ませました。 冬らしい冬とならず、葉が完全に落ち切らずに残っていたりする中、こんな陽気じゃ芽吹き初めてしまう・・・との強迫観念にとらわれました。 

しかしまあ、我流で考えながら毎年剪定をするのですが、思うようにはなりません。 それを、また考えて冬場に剪定を繰り返します。 ブドウ は前期だけでいったい何メートル延びたでしょう? 想定外、ゆく先々の住人に蔓を伸ばして絡みつき、大変な状態でした。 イギリスナラ は小路に向かって低く横枝を 1.5メートル くらい伸ばすことがわかっています。 出るものはしょうがなく、この季節までできるだけ放っておきますが、庭内の通行に支障が出ます。 ということで低めの横枝はみな掃いますが、また同じ個所から枝を出すことが何となくわかって来ました。 今季、コンコルディアの方はかなり大きく成長して茂ることと思います。 また 「頭」 を抑える主幹の剪定をしなければならないのが残念です。 もっと大きなスペースで、自由な樹形を楽しめれば最高なのですが、一般的な住宅庭ではそうはいきませんね。
 

水辺の風景 2024年2月18日 小鳥たちの水のみ場で

季節はまだ2月を半ば過ぎた頃、気温が20度を超える日がたびたびあります。 庭の植物たちはせっせと活動をはじめているのが見てわかります。 ミモザの花も思いのほか早く、開花。 

近ごろは水辺のトリたちばかりを追いかけていましたので、この日は森へ足を延ばします。 今季出会っていないトリの姿を探しに行きました。

 

前回訪れた際はあまりにも不発で、まったく収穫なく帰路につきました。 やはり森は難しくて、この日も山道に鳴き声は幾重となく響きあっているものの、姿を捉えることができるのは稀で、撮影もしかり。

などとやっている時、覗いていたファインダー内の視野を瑠璃色のトリが横切りました。 相方が反応して撮影を試みたものの・・・ 証拠写真とはならず、判別の難しいショットに。

 

 

写真は背面側からですが、見てのとおり 「総瑠璃色」 の姿。 時期的にすぐ 「ルリビタキ」 かと思いましたが、どうやら違う。 証言では「ヒタキよりも大きく感じた」ということで、いったい誰? 疑うなら コルリ あたりですが・・・ 2月ですよ? 

瑠璃色のトリに選択肢など、そんなにはありません。 せめて正面側面の雰囲気だけでも写っていればというところですが、残念ながら写真はコレだけ。 謎を残されるとまた通ってしまいそうですが、もう会えないのはよくあることです。

季節が早く、どんどんと巡っているとすれば、鳥たちの移動が始まっているのかもしれません。 となると、思わぬトリに出会うものですが・・・ この日はもう二羽、水場で見慣れないトリに出会いました。 

その一羽がこちら。

 

 

マミチャジナイ? でなければ シロハラ のメスってとこか。 これまた画像があまく情報不足。 顔の太い白眉など見ていると、マミチャに近い様な気がします。

もう一羽は水場を観察中にすぐ近く、道を横切った瞬間を相方が発見。 その辺にまだ居るような気配は続いたものの、その後に撮影機会は得られず。 こちらはむしろ留鳥と思いますので 「この辺に居たんだ」 と新たな発見とも見られますが、季節的な移動もあるのかもしれません。 

 

 

こちらの正体は ガビチョウ で間違いないでしょう。 居るところにはいるのかもしれませんが、私たちは初見でした。

今回観察した水場は ”穴場” 的な場所でもなんでもありませんが、眺め続けているうちに小鳥たちが入れ代わり立ち代わり顔を出します。 ただ、ちょっと薄暗くてSS・ISOは重たく、前景には植物が茂って撮影しにくいロケーションでした。 

この季節らしく シジュウカラメジロシロハラ・スズメ が水を飲み、時には水浴び。 森の撮影もホットな水場さえ抑えれば、山中に分け入ってこちらから出向く必要がありません。 

 



立田山の森をあとに、夕方前の江津湖へ向かいます。 森とは違い、いつも被写体には困らない場所です。 車を停めて降りるとさっそくエナガが姿を現します。

 


■撮影地;熊本市

 

水辺の風景 2024年2月12日 港から干拓地へ・冬シーズンの終わりの予感

 

ここから一だんと春の陽気になるとすれば・・・ 意識せずにはいられません。 冬シーズンの終わりを告げる、この陽気。 そういえば潮目も悪くないのに、カモたちの数が少し少ないような・・・

例年そんなことばかり書いているので笑えますが、今年はとくに冬が短そうな気配。

 

 

潮の加減に合わせてカモたちが少しずつ移動します。 観察は堤防から、ちょうどそれを横から眺めるポジションは、飛翔する鳥たちを撮影する練習には絶好の機会となります。 相変わらず手持ちでの撮影、特にこのポイントは防波堤の高さがあるので三脚では撮影ができません。 T4 はトリ認識が甘いのでシングルポイント AF + MF 微調整の連写ですが、連写すべてにピンが来ることはまずありません。 T5 を使用する時はできるだけトラッキングコンティニュアスの利用を試しています。

相方が新たに迎えた α6700 はAFが優位で鳥目を捕まえてくれるようですが、操作に慣れるべく奮戦中のようです。 撮影しやすいカモたちをモデルにこんな練習ができるのも、残り僅かな時間です。

 

 

防波堤内、クリークのトリ風景、いつものヤツら。 

 

 

 

クロツラヘラサギから三枚は初めて訪れた玉名方面・池での景色。 この日は ミコアイサ のメスが見られましたが、どうしても湖面の中央付近に陣取る姿は遠く、光量も足りずに好い絵が撮れませんが、記録として掲載。

 

 

玉名の干拓地は何といっても冬季がハイシーズン。 なのですが、、、 全体的に飛影が少なくてちょっと寂しい風景でした、タゲリも居ないし。 今季を振り返れば、やはり全体に収穫が少なかった印象です。 

この日は ホシムクドリ の一団を樹上で撮影することができました。 マナヅルも離れて二組を確認。 

トリたちはその年ごとに、越冬に最適な場所を選びます。 もちろん気候変動もありますし、耕作地の状況も毎年同じわけではありません。 この干拓地でいえば、今年は水を張った休耕地が少なく見えました。 それともう一つは大きな土木工事の影響。

以前どこかで ”渡り鳥たちは海岸線を覚えている” という説を読んだ覚えがあっるのですが、それこそこの肥沃な干潟と干拓地は有明海に面するこの地方に長大に広がっています。 望ましい場所があれば、鳥たちはそちらへ流れていくのは自然な事です。 

 

 

今季はチョウゲンボウと会いまみれる機会があまりなかったのですが、この日は遠目にホバリングしている飛影があり、建物に留まるのを見届けて撮影しました。 あまりにも遠くてかつ逆光でしたので、確認写真だけ撮ってその場を後にしました。 帰宅後に画像を見ると・・・ どうもチョウゲンボウではない。 何だろう? ハイタカ

リファレンスしてみると、特徴的なアイリングはどうやら ツミ。 写真にはなりませんでしたが、私たちにとっては初めての出会い。 こんどはもっと近くで会いましょう。

 

 

■撮影地 : 熊本市玉名市

 

水辺の風景 2024年2月3日 有明海の風景・ズグロカモメ

 

2月初めの週末、あいにくの曇り空。 まあ曇ならくもりで柔らかなデイライトで撮影もできようと、海辺へ足を向けます。 

相方の新しい機材を試す目的もあり、少しのんびりと撮影できる不知火・八代方面の海際を訪れました。

 

 

つい先日までは 「ユリカモメ」 くらいに思っていた、ズグロカモメ が堤防から比較的近いところを舞っています。 この日はあまり潮の大きな日ではありませんでしたが、顔をのぞかせている干潟に向かって時おり急降下。 何を採っているのかと思えば、さかんに捕まえているのはどうやら ムツゴロウ らしき小魚。 泥だらけの獲物をパクリとやるわけで、胃の中はさぞかしドロだらけになるだろう・・・と眺めておりました。

後で写真整理をしていて、空中でドロを吐き出している姿が写っていて、さもあらんと腑に落ちました。

 

 

曇天の干潟でカモメなどを採っていると、撮影した写真はモノトーンの世界に。 僅かに青みを帯びた水面に ソリハシシギ の小さな群が飛来する瞬間を撮影。 いつも、なかなか思うように絵をつくれないのはテクニックの問題ですが、きちんと向き合ってみたいテーマだと感じています。

 

 

さて、この日の課題は α6700 の試写でした。 レンズは -350ミリの望遠ズーム。 これまで使用してきたフジの -300 と比べて画質はどうか。 また T5 と比べて AF の性能はハマるのか。 

しばらくは試写と比較です。

 


■撮影地:熊本県 不知火・八代

 

水辺の風景 2024年1月28日 1月末の港風景

あいにくの薄曇り、潮位をみて朝9時過ぎ頃から港エリアを回りました。 写真は ハマシギ の群飛行から。 

 

 

 

その ”群” を眺めて岸に佇む ハヤブサ。 その前を群が幾度となく通過します。 むしろ ハヤブサ が見つめているので場が落ち着かず、鳥たちも幾度となく飛び立ったりするのかもしれません。

 

画像・右隅辺、堤防のスカイライン上くらいに写っているのが ハヤブサ。 ツクシガモ たちが危機回避のためテイクオフ。 オオハクチョウ はといえば、どうやら ハヤブサ のことはさほど気にならないようで・・・、寝てます。 

 

航路を行くフェリーがつくる波間にプカプカと浮かぶ カンムリカイツブリ。 長大に連なるコンクリートの波消しは カワウ たちの休み場所になっていますが、よくみるとそこに カツオドリ も混じっています。

 

 

堤防内の耕作地でクロツラヘラサギの群に出会いました。 いつも アオサギ に出会うと大きいなと感じるものですが、クロツラの体躯も負けていません。 アオサギ の となりに小鳥がいると、パクリと行きやしないかと少し不安ですが、これなら平気そうです。 

 

 

■撮影地:熊本市

 

日々のスナップ 2024年1月24日 マクロレンズで遊ぶ

リル

先日入手したレンズで遊んでみます。 近ごろはもっぱらフィールドのトリたちばかりを超望遠で撮影していますが、新しいレンズはまったく違う遊び方。

明るさはそれこそ開放 F2.8 ほどですが、室内の乏しい光源でも十分に撮影できてしまいます。 そして、マクロは寄れる寄れる。 いつでもどこでもシャッターが切れるこの自由な感じ、新鮮でとても楽しい。 被写体はそろってます。

 

ハク

マウントアダプターを介してのレンズ遊びなのでピントはむろん、マニュアルフォーカス。 野鳥撮影でも AF+MF は常時使用していますが、このマクロレンズの浅いピントを合わせるのは、長いこと忘れていた楽しい作業です。 計算して光の効果を遊びに取り入れることができれば、いっちょ前かなと思います。 

などなど、明るいレンズってやっぱり好いなぁ・・・ とつくづく思うのですが、これは重い。 昔はこの重厚さに魅かれたものですし、CONTAX の一眼レフにバリオゾナーの更に重たい組み合わせを平気で振り回していたものですが、その根性も体力も失われつつあります。 すでに重厚なつくり込みが美徳の時代は終わり、メーカーも製品の軽さを競います。 私は性格的に相変わらず惹かれている一方、実用にはDAと感じてしまうのは悲しい事です。 

 

ココロ

ポアロ

今回画像はみな「絞り開放」「無編集」(トリミング最小限)です。 撮影データが残らないのは思った以上に不便かもしれません。

背景がうるさくならない、ピント部以外は柔らかく描写されること、などは鈍い自分でも気付きます。 ただ、撮影は難しい。 開放撮影という事もあり合焦はシビア、僅かでもズレれば見れたもんじゃありません。 モデルさんたちもじっとしててくれれば好いのですが、そうとばかりは参りません。 まだまだコツをつかめていないのもありますが、気に入った構図とか、一瞬の表情とか・・・そんな次元の高い話ではなく、全体に成功率はけっこう下がります。 しかししかし、昔と違って駄目な写真は廃棄すればいいのですから、まあ気楽なものです。 

かつてフィルムは 36枚撮り なんかを使って、フィルム一本がいくら、現像いくら、そして焼き付けの前にコンタクトでネガチェック・・・ などとやっていたことがウソのようです。 36枚?、今は一瞬です。 

ただ思うのです、この期に及んで我ながらシャッターがあまりにも軽い、軽すぎる・・・ 

 

発色については、ひと言で云えば 「好み」 でした。 室内の無茶苦茶な複合光源で撮影しているわりに発色はフラットでなめらか。 ホワイトバランスはカメラとの相性もあるのでしょうが、無編集で見れるとは思ってませんでした。

今度は屋外でスナップショット・近景や風景なども試してみましょう。   

 

■撮影データ

カメラ Fujifilm X-T4

レンズ Carl Zeiss CONTAX *T Makro-Planar 100mm F2.8

マウントアダプター K&F C/Y → X

 

水辺の風景 2024年1月21日 フライキャッチャー と ニュウナイスズメたち

 

フライキャッチャーは海際の堤防で出会った ハクセキレイ。 連写のタイミングがたまたまキャッチの瞬間になっていた事に気付いたのは、写真整理の時でした。 

 

 

 

同じ堤防際、電柱に多くのスズメがいましたので望遠レンズで確認すると、その多くはニュウナイスズメ でした。 一団となって電線に付いたり、下のブッシュに舞い降りたり、を繰り返します。

ニュウナイスズメ は冬季しか出会わないような気がしていたので 渡り鳥 と思い込んでいたのですが、資料では国内の南北移動でした。 中部以北で「夏鳥」、この季節、この地は 越冬地 ということで、集団行動をとる習性のようです。 

 

■撮影地:熊本市