ぐぐるの昆虫記

野鳥を見に 2021年 6月13日 トリを見に行って、トンボを知る

曇天OK、雨さえ降らなければ! と朝から出かけた立田山。 鳥たちの朝の歌声を聞くべく、少し早く家を出ました。 なるほど、色々な鳴き声が聞こえてきます。 姿は見ることができませんでしたが 「 ホイ ホイ ホイ 」 の声も堪能できました。 声を聴いて、姿…

アザミの花と、海を渡る蝶 2021年 5月

渡り鳥のように旅をする蝶がいることは、何となく知識としてありました。 この蝶の行動がマーキング調査によって確認されたのは 1980年代 からというから、意外と最近のことなので驚きました。 「 てふてふが一匹 韃靼海峡を渡って行った 」 いつどこで覚え…

ガーデニングショット 初冬

ネムノキの花 花盛り、という感じでもありませんが、ネムノキの花が次々と咲きます。 ミクロの世界を覗き見ると、みんなそうですが、不思議な造形。 鉢植では維持できず、地植えして再生を試みてから一年以上、ずいぶんと姿も整って参りましたが、カイガラム…

残酷な蝶の物語 ~ ある夏の記憶 ~

------------------------------------------------------------------------------------------------- これは私と妻が数年前に経験した、ある夏の物語です。 記憶として深く胸に刻まれたこの経験をきちんと整理するために、自身のために書き留めたものでし…

動かない。 ~ 木葉がくれ ~

芸術的、としか云いようの無い、此の子の木の葉がくれの術。 やはり昼夜を問わず、動かず・・・ 同じ場所にずっといます。 しかし、場所が悪かぁないかい? 白壁ではまる見えでしょう、 サスケっ、敗れたり! * * * * * * * * * * 光量が足りず、不鮮明なス…

動かない。 ~ 白い蛾 ~

オフィスのガラス戸に、いつからかピタッと白い蛾がとまっています。 好き嫌いはひとまず置いて、なんともまぁ繊細で美しいこと。 こんなのを見ていると、創造主たる神は・・・ という気もしてきますが、昆虫記。 ガラスだから、内側からちょっかいを出すの…

アゲハ蝶の流れ舞う

私の見る先を、一羽の黒く大きなアゲハ蝶が流れてゆく・・・ 流れ、飛んでゆきます。 私にとっては心地よい、頬をくすぐるほどの風、蝶はその大きな羽に風を受け、 少し驚くほどのスピードです。 羽ばたいてはいるものの、飛ぶと云うよりは、むしろ流されて…

スズメバチの死闘

うちの鳥庭には一本、ヤシの木が植わっています。 ヤシと云っても ”ナツメヤシ” とか、そんなものだったと記憶していますが、それなりに高く生い茂り、先頃には植木屋さんに ”これでもかっ” と丸坊主に近いほどの剪定をされ、夏の日差しをさえぎる涼となるに…

番外編  --- クワガタは何処へ行く?---

”飛ぶ” という以外の共通点がなく、”トリ” テーマのカテゴリーではどうかと思いますが、昨夜ふと考えた (と、いいますか、以前からかなり悩んでましたが) 昆虫のお話です。 数年前まで横浜に在住しておりましたが、毎年決まって初夏の頃、夏を感じる気温と…